FX初心者でも最短で稼げる方法を教えます!

損切りしたら反転するので損切り辞めました

損切りしたとたん戻ってくる事が多く、損切りしないルールを自分で決めました

損切りしたとたん戻ってくる事が多く、損切りしないルールを自分で決めました

これはとても危険な事なのでやめたほうが良いです。

損切りをすると途端に反転していくパターンはあります。これをされると損切りするんじゃなかった!と本当に悔しい思いをすることがあります。しかし、損切りをしないというルールはとても危険なことなので辞めたほうが良いです。これをすると待っているのは破滅しかありません。

 

人間の心理から考えて、損を引っ張るのは易いことであり、利益を引っ張るのは難しいです。逆に損を早めに確定することは難しいですが、利益を早めに確定することは易いです。これが何を意味するかと言えば、損は大きくなりやすく利益は小さくなりやすいということなのです。特に損失が大きくなって1回のトレードで全てを失うこともありますので注意です。

 

よくあるパターンとして、1回や2回まぐれで損切り(ストップの逆指値注文)を外したから利益となった事があっても、1回の負けで全てを失うコツコツドカーンというものです。例えば、買いポジションを持って何度か下がっても、盛り返して利益になってきたと思っても、それかずるずる下がってしまい再度上がるだろうと思いつつ急落してしまうことです。

 

また戻るだろうという希望的な観測は相場では一切通用せず、その心理を利用して仕掛けているトレーダーがいるので負けるのです。人間の弱みの心理を考えるとそういう局面で利益を取ることはプロにとっては容易い事です。どうして、プロはそんなことが分かるのかと言えばチャートを眺めていれば平均的に見てどこでポジションを仕込んだ人が多いかどうかがわかります。それをイメージして仕掛けるのです。

 

但し、スワップ金利を目的とした超長期運用は別です。これはとにかく損切りをしない(ロスカットにならない)ことが大事なので、資金量を調節しながら損切りとならないように工夫しながらトレードをするわけです。それ以外であれば損切は必ずしなければならい大事なものなのです。